sterEOSイメージングシステム

sterEOSイメージングシステムは、機能的肢位での低放射線量による全身の立体X線画像を提供します。適正な角度で取り付けられた2つの画像取得システムを支持する垂直方向に移動するアームを中心に設計されています。各画像取得シ ステムは、X線管球と線型検出器により構成されています。

この独自の2方向デザインと線型垂直スキャン技術により、立位またはsterEOS放射線透過性椅子を用いた座位のいずれかでの、正面及び 側面画像を同時に取得します。

 

Scanner

 

  • 荷重下の全身画像により、脊椎、腰、膝の間の代償機能を理解できます

  • 拡大や継ぎ合わせによる誤差なしに、2次元および3次元の正確な測定値を計算できます

  • 高精細で、65,000以上のグレーレベルの優れたコントラスト画像により、診断が改善されます

  • 被ばく線量が、DRシステム1 に比較して50%、CRシステム2に比較して85%減少しました。

  • 特定のCT検査をsterEOS検査に置き換えることで、被ばく線量を95%3低減できます

  • MicroDose機能では、全脊椎検査(正面及び側面)が1週間分の自然放射線4に相当する放射線量で行うことができます

  • 正面および側面の全身画像を、大人の場合は20秒以内、子供の場合は15秒以内で撮影します

  • 変形が高度な脊椎または全身1の場合でも、検査を4分以内で終了します

  • 複雑な検査を1日に最大100回 9行えることにより、検査効率を最大化します

  • sterEOS放射線透過性椅子を用いることで、撮影が困難な患者に対応できます

こちらは、医療機器に関する情報を、医師及び医療従事者の方へご提供することを目的としたサイトです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療従事者ですか?