sterEOSワークステーション

sterEOSワークステーションは、正面及び側面のsterEOS画像の解析専用となっています。それらの画像は同時に撮影され、荷重 下でのLowdoseまたはMicroDose機能によるsterEOS検査を基に、脊椎または下肢(もしくは両方)の正確な、患者個々の3Dモデル を作成するために記録されます。モデルが作成されると、100以上の臨床パラメータ 6 が自動的に計算されます。

3Dモデルおよび正確な3D測定には、用手的な計測誤差や2次元画像への拡大投影による誤差がありません。これにより、診断か ら手術計画、術後管理、経過観察までの治療の全般にわたって、十分な情報に基づいた臨床上の決定が可能になります。任意に 編集可能なDICOMレポートが自動的に生成されます。それらの情報は医療チームで共有し、患者が治療計画に関与するのに使用できます。

sterEOS 3D
  • 荷重位での全身骨格系の中で、3次元的な骨の位置、回旋、配列を可視化および理解できます。

  • 偏りがない機能的肢位で獲得された、100個を超える自動的に計算された2次元および3次元の正確な測定値6 により、診断や 臨床研究を改善します。

  • インプラントの位置を自動的に計算する正確な専用ワークフローを通じて、人工股関節全置換術後の評価を行います。

  • 小児でのMicroDose検査や、sterEOS放射線透過性椅子を用いた座位での検査からも、3Dモデルを可視化し、2D/3D臨床パラメータを計算します。

3D Spine
  • 姿勢評価、脊椎、下肢、そして人工股関節全置換術(THA)に特化した、シンプルでわかりやすい3Dワークフロー

  • 医師によりオンラインまたはオフラインでも利用できる、ユーザーアクセス管理付きの強力な患者データベース

  • 画像、患者レポート、そして3DモデルのPACSとwebPACS上でのスムーズな出し入れ

  • sterEOS 3Dオンラインサービス、そして3D手術計画ソリューション、EOSappsへの直接リンク

  • sterEOSイメージングシステムがない施設でも2D /3Dデータの参照ができます

  • 3Dモデルを使うことによって、今後の治療の選択をより分かりやすく患者に説明できます

  • 診断やフォローアップに最適な患者個々のレポートを表示できます

放射線科所属の方は、オンラインフォームを記入してstereoVIEWをリクエストしてください。

sterEOSイメージングシステムをお持ちでない場合、導入施設にご確認ください。

こちらは、医療機器に関する情報を、医師及び医療従事者の方へご提供することを目的としたサイトです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療従事者ですか?